フラッシュ脱毛が光脱毛と呼ばれていることはよく知られていますが、脱毛サロンやエステの脱毛コースにおいては主流とされている方法です。
特殊な光を肌に照射することによって、ムダ毛再生の元である組織を破壊してそのはたらきができないようにします。
家庭用に創られた光脱毛器もありますので、おうちで光脱毛することも可能です。
レーザー脱毛より少ない痛みで、色素の薄い毛にも反応してくれるのが最大の特徴です。
一般的ではありませんが、ワックスで脱毛をするサロンもあります。
特別なワックスを塗り、ムダ毛を一気に引き抜きます。
しかし、ただ抜くだけなので、効果は一時的なものです。
でも、あらかじめ自分でいちいちムダ毛を処理せずに済みますし、一時的とはいえ、確実に憎きムダ毛をやっつけることができるのです。
なんと、アンダーヘアも施術可能です。
ツーピーエスはお店並みの光脱毛が自宅で出来るIPL脱毛器で、高いパワー性能でデリケートな部分なので時間がかかっていたアンダーヘアの脱毛も、サロンに行かずに自分のペースで出来ます。
別売の美肌用カートリッジに交換すると、美肌効果が得られる点も魅力です。
メーカー側が提示しているランニングコストは1照射あたり0.05円。
レベル4で計算されているので、レベル1の回数を表示している他製品とくらべてもお得です。
とてもリーズナブルな値段で全身の脱毛が可能です。
8段階のパワー調節が可能なので、脱毛しにくい毛質の方や、刺激に弱い方でも無理なく脱毛できるといった点も特徴といえるでしょう。
脱毛サロンの掛け持ちをする人も多くみられますが、この方法は、費用削減と期間短縮に大変効果的です。
また、脱毛サロンそれぞれに得意にしている脱毛箇所というのがありますので、それを賢く利用しますと満足できる仕上がりになるでしょう。
ただし、掛け持ちするなら、無理なく通える場所のサロンを選ぶのがコツです。
でなければナカナカ脱毛完了までモチベーション(社会的動機づけには、達成動機づけ、内発的動機づけ、外発的動機づけなどがあります)が保てず、途中放棄し兼ねませんので、掛け持ち先の選択は慎重になりましょう。
脱毛器を使って自己処理をする利点は、カミソリを使うよりもキレイに脱毛できるし、脱毛サロンとくらべると脱毛費用が安価であることです。
それに、自分の空いた時間に脱毛できることも、家庭用の脱毛器を使って自己処理をするメリットです。
初期投資が必要なこともありますし、交換用カートリッジを購入しなければならない商品も多いですが、全身を脱毛することを考えると、脱毛サロンほどの費用はかからないと言えます。