脱毛サロンの中でも特に芸能人御用達というと、有名なのは脱毛ラボでしょう。
でも、芸能人が通っているからといって脱毛効果やサービスに納得できるとは限りません。
芸能人御用達、と書かれていれば宣伝となるので、正規料金ではなく特別価格で施術を行っている可能性が無きにしも非ず、です。
しっかりと情報収集した上で利用するかどうかを考えてみて下さい。
サロン脱毛を色んなおみせで受けてみると、お金のかかる脱毛を安く済ませることができたらラッキーですよね。
腕はAサロン、ワキはBサロンという感じで店を変えれば、「初回限定!」などと謳われている価格で、コストを抑えることもできます。
別々のサロンをいちいち予約する必要があり、それぞれに来店するのは少し面倒ですが、それを実行できれば大丈夫です。
通ってみるのがおススメと言えます。
『イーモ』は、イーモリジュという脱毛器を販売している会社がイーモリジュのひとつ前に発売していた、2連射可能なフラッシュ(光)脱毛器です。
ランニングコストも低く、1つのカートリッジで約6000回照射できるので、1ショットあたり1.4円とリーズナブルなコストが魅力です。
1度照射したアトは10秒待たなければいけないのですが、ダブルショットモードで2連射することもでき、自己処理にかかる時間を短縮することができます。
持ちやすいサイズでとても軽く、使いやすいイーモですが、出力をハイパワーにした後継モデルが発売されたため、いまなら在庫あつかいでお手頃価格で販売しているおみせもあります。
高出力は痛くて不得手とか、肌に負担をかけずに脱毛したい方には、最新モデルより、イーモのコストと価格のほうがメリットがあるかもしれません。
光脱毛は時間も短く負担の少ない施術ですが、施術できない方もいない理由ではないため、ご注意下さい。
これは絶対断られるというものとしては、「ムダ毛を抜いてきた」方です。
とてもきれいに脱色されている場合もダメです。
黒い部分がないと光脱毛の効果が得られないからです。
それに、妊娠中の方もできません。
技術的には影響がないのですが、施術の刺激で母体をストレスに晒すのを避けているためです。
光アレルギーの方は光脱毛で照射するライトそのものがストレスになってしまう為に、施術が受けられません。
また、日焼けしたばかりの方、同じ理由で、肌の状態が良くない場合も断られるケースがあります。
皮膚科だけでなく、循環器系や内科などの疾患も影響することがあります。
持病がある方や、服薬している薬がある方はサロンでの脱毛方法を確認して、医師に相談してみて下さい。
脚脱毛についてですが、脱毛サロンで脚脱毛を行なうつもりなら、そのサロンで行う施術の範囲について詳細を知っておく必要があります。
足の指や膝上部分は脚脱毛の範囲外となり異なる部位として別料金で扱っているところもあります。
指などの部位も含めて脚脱毛として扱ってくれるサロンでなければ、仕上がりに満足感を得ることは少々難しいかもしれないですね。
それと、何らかのトラブルを防ぐためにもアフターケアを充実指せてくれているサロンは安心できます。